今、流行りのハーバリウムを作りました。(^。^)y-.。o○

今、流行のハーバリウム

ハーバリウムとは植物学で保存された植物標本の集積(植物標本集)を指す言葉です。また、インテリア装飾性の高いガラス瓶とシリコンオイルや流動性パラフィンなどを用いて、鑑賞目的で製作された植物標本もハーバリウムと呼ばれる。チャオ上尾ではこのハーバリウムをグループワークで色々な意見を出して話し合いました40代の女性で精神障害の方が趣味で手芸をしている為、色々な話をされて参考になりました。おかげでお手軽な値段で作る事ができました。材料は100均で用意できました。

材料買い物

参加利用者様と一緒に買い物に行きました中に入れる花などは利用者様に選んでもらいました。ハーバリウムの中の花はドライフラワーでなくても造花でも大丈夫です。器もガラス瓶でなくてもプラスチックの透明な容器であれば大丈夫です。チャオ上尾では透明なプラスチックで電球の形をした器を用意しました。

 

 

みんなで一緒にハーバリウム作り

買ってきた造花を入れやすい大きさに切り器の中にいれていきます。入れる順番花の向き・量でデザインが大きく変わりました。大きいサイズの一輪の花を中心としたデザインや小さい花をいっぱいに入れたものまで各利用者様の好みがでていました。障害のある方でも花を切ったり、器の中に入れたりする時に補助して好みのデザインに仕上げることができたようです。

 

作ったハーバリウムで写真撮影

出来た記念にみんなでハートの形に並べて写真を撮影しました。チャオ上尾ではみんなで作った作品を持って帰る事が出来ます。自宅に自分の作品を持って帰って使いたい方は一度チャオ上尾に遊びに来ませんか。職員一同お待ちしております。

 

お気軽にチャオ上尾へご相談ください!