人間関係を円滑にするにはどうコミュニケーションを取る必要なのか(=_=)

職場で円滑に進めるためのコミュニケーションが出来ないミスコミュニケーションとは

ミスコミュニケーションが起きる理由は4つに分類されます。思い込み・先入観・確認ミス・うっかり大まかにこの4種類です。チャオ上尾を利用している方たちも心当たりがある事があったようです。思い込みは理解の仕方や出来栄えレベルの相違で起こります。先入観は経験や伝え方効き方によるミス。確認ミスは聞き方伝え方理解の仕方出来栄えレベルの相違伝えた事が伝わっているか確認自体を忘れてしまう事でミスコミュニケーションになります。また忘れてしまう事自体うっかりに分類されて誰にでも起こりうるリスクになります。よく確認しないと受けた指示が自分の思ったこと・考えていたイメージと違っていた事。指示を出したが自分の考えやして欲しい行為が伝わっていない事はセミナーに参加していた利用者様皆様が経験されていました。それによるトラブルが元で仕事を辞めるきっかけになられた方もいたようでした。言葉の特性として思い込みや先入観によって左右される・人は自分の聞きたいように言葉を聞く・時代によって、人によって、意味や使い方が変わるなど言葉一つで意味は違ってきます。面白い事に男性と女性の違いでも変わります。これは脳の仕組みが違うからと言われています。男性は一つの事に集中する、左脳で話す要件を端的に理論的に話す、他人の感情に鈍感、人の話を聞かない傾向があり、対する女性は複数の事が同時進行、右脳・左脳の両方で話す次々と話を展開させる、他人の感情に敏感」細かいことまで覚えている傾向があるこの事から感性が違えば同じ言葉を聞いてもお互い思ったことは違って当然になります。セミナーに参加した男性の方と女性の方でも同じ言葉でも受け取り方や伝え方が変わってきました。特に言いにくい・伝えにくい相手に悪い感情を抱きやすい自分を否定される注意だと思われます。相手にいかに直して動いてもらうかセミナーに参加してもらった方たちの話は直球の言葉もあれば遠回しに伝えて結局治らずじまいだった事などの体験談もあれば自分ならこうしたいというかたもいらっしゃいました。みんなで一緒にディスカッションして大変勉強になられたようです。

 

皆で意見を出し合う事はコミュニケーションの経験を一番詰められます。自分の障害を気にせず気になった方は一度チャオ上尾に見学・体験に来られませんか。電話(048-788-5511)やメールでも大丈夫です。職員一同お待ちしております。

 

お気軽にチャオ上尾へご相談ください!