手先を使って脳を活性化☆素敵な作品ができました!(*^-^*)

みなさまこんにちは!

就労移行支援事業所のチャオ上尾です(^^♪

 

チャオ上尾の事業所内には、利用者さんが作ったり書かれたりした素敵な作品がたくさん展示してあります。

このように塗り絵やフラワーアレンジメント、また切り絵をやる事は『好きな事に取り組んでストレス解消』効果の他にも『指先を動かす』ということで『脳の活性化』効果もあるんです!

 

■指先を動かす大切さ

『手は第二の脳』と言われ、手先の『指』を動かすことが決め手となります。

指を一本ずつ動かすという複雑な動作ができることは、その運動の指令を出す脳の最高中枢である前頭前野が発達しているということになるのです。

また手や指は感覚器官として大切です。

有名なヘレン・ケラーさんは目が見えず、耳も聞こえず、しゃべることもできない三重苦を抱えていましたが、声を出して話せるようになったのは手を使って積極的に情報を求めたからです。

人と会話する時の彼女は、相手の唇に左手の指を当て、親指はのどに当てながら聞き取っていました。

これから分かるように、私たちは手から非常に多くの情報を得ているのです。

だからこそ手先を使ってトレーニングや作業をすることは、脳が活性化すると言えます。

 

■なぜ手先を使うと脳が活性化するか

指の運動は即、脳の活性化に繋がるとされます。

なぜかというと、手先には非常にたくさんの感覚神経が集まっているからです。

今回の写真のような作品を作り出す際には指先を複雑に動かすことになります。

すると大脳が刺激を受け、働きだすのです。

また、脳の受ける刺激は25%が手からの刺激といわれていますので、試行錯誤しながら作業をするということは脳の活性化に繋がるといえます。

 

みなさんもチャオ上尾で作品づくりをしてみませんか?

また、利用者さんが作った素敵な作品もぜひ覗きに来てみてください♪(*’ω’*)

 

———————————————–

就労移行支援事業所 チャオ上尾

TEL:048-788-5511

MAIL:info@ciao-ageo.com

———————————————–

 

 

 

お気軽にチャオ上尾へご相談ください!